事業所内の密な連携で入出荷を迅速かつ確実に 西岡 亮平 RYOHEI NISHIOKA 貝塚事業所長 2012年入社事業所内の密な連携で入出荷を迅速かつ確実に 西岡 亮平 RYOHEI NISHIOKA 貝塚事業所長 2012年入社

事業所内の密な連携で
入出荷を
迅速かつ確実に
西岡 亮平RYOHEI NISHIOKA貝塚事業所長
2012年入社

若手の柔軟な発想を取り入れ
より良い物流現場をめざす

この事業所では、若者に人気の高いアパレル1社の物流業務を
請け負っており、入荷、出荷、ウエブ出荷、返品出荷の4つの部門に
分かれています。
従業員数もバートなどを含めると約200人と多く、
事業所内の連携が重要と考えています。
私と各部門長の連携、各部門長とその配下スタッフとの連携ですね。
毎日、各部門長を集めたミーティングを行い、
その日の作業の進捗度や翌日の予定・目標、スポット的な
仕事依頼の対応などについて話し合っています。
何か急な依頼が来た時は、まず優先具合を先方に確認し、
その重要度に即して事業所内の業務バランスを調整しながら
対応しています。
当事業所は若手が多いことも特徴です。
若い人たちは、最初はなかなか私には意見を言いづらいと
思いますので、私のほうから積極的に声をかけるようにしています。

若手の柔軟な発想を取り入れより良い物流現場をめざす

やはり連携を密にするには、コミュニケーションが大切ですから。
若手の意見もよく取り入れています。
若い人の方が、発想が柔軟ですね。
時々無茶なことも言ってきますが、我々では思いつかない
突拍子のない良いアイディアも持ってきます。
ですので、当事業所ではトップダウンではなく、現場からの意見を吸
い上げながら、より良い現場になるよう心がけています。
新人へのOJTは経験値の高いパートさんたちにお願いすることも多
いですね。
指導とともにコミュニケーションをよくとっていただいて、
新人たちが働きやすい環境を整えてもらっています。
若い人たちが毎日楽しそうに働いている姿を見ると、
私自身もやりがいを感じますね。
今後はこうした若手の中からある一つの部門をすべて
任せられるような管理職が出てくるよう、
若い人たちをさらに後押ししていきたいですね。

若手の柔軟な発想を取り入れより良い物流現場をめざす

その他のインタビューOTHER INTERVIEW

「営業の声を聞く」
対 談「営業の声を聞く」READ MORE
木村 剛士 TAKESHI KIMURA
従業員満足度の向上が
結果的にCSアップにつながる
木村 剛士TAKESHI KIMURAREAD MORE
西岡 亮平 RYOUHEI NISIOKA
事業所内の密な連携で
大量の商材の入出荷を迅速かつ確実に
西岡 亮平RYOUHEI NISIOKAREAD MORE
南 翔太 SHOTA MINAMI
物流を知れば知るほど
責任感が大きくなる
南 翔太SHOTA MINAMIREAD MORE
宗村 摩耶 MAYA SOUMURA
クライアント様と派遣登録スタッフ
双方を的確にマッチング
宗村 摩耶MAYA SOUMURAREAD MORE

お問い合わせCONTACT

サービス・採用に関する
お問い合わせはこちらから。

  • お電話でのお問い合わせ

    072-729-1367

    平日:9:00~18:00(土日、祝日、年末年始を除く)

  • メールでのお問い合わせ

    お問い合わせフォーム