• TOP>
  • JOURNAL>
  • 【社員インタビュー⑤】古関 英弥

JOURNAL物流ジャーナル

【社員インタビュー⑤】古関 英弥

こんにちは!人事の糀谷です。

 

第5回目の今回は、大卒新卒で入社して5年目の古関さんを紹介します。

 

氏名:古関 英弥(こせき ひでや)
所属:和歌山事業所

 

■入社のきっかけ
学生時代にスーパーで品出しのアルバイトをしていた時、在庫が少なくなった商品が入荷されるまでの仕組みに疑問を感じたことが物流業界に興味を持ったきっかけでした。
その後、就活サイトで当社を知り、調べてみると事業所が沢山あったので、この会社なら物流のスキルを多く学べると思い入社しました。

 

■入社後の印象
入社後は、1カ月ごとに研修で西淀川、箕面、堺、貝塚と事業所を回りました。事業所ごとで取り扱い商材が違うこともあり、作業内容や雰囲気が様々でした。
どの事業所の仕事も、アルバイト、パート、社員を含めてたくさんの人が協力して成り立っていました。その時、大事なのは人と物だと教えられ、働いていくうちに身をもって実感しました。

 

■現在の業務内容
現在、和歌山事業所で一荷主様の入荷から出荷までの業務管理を任されています。社内のたくさんの人とやり取りをし、物量や工数を基に日々の予定を計画し、実行することが主な仕事です。
「商品を納期通り、お客様に届ける」当たり前のことではありますが、その当たり前を実現させるためにどうすれば上手く商品を届けられるのか日々模索し、難しさを感じています。

 

■今後の目標
業務管理者として、作業指示などまだまだ甘く、把握出来ていない部分もあります。まずは、指示が現場に行き届いているかの確認や、進捗管理を確実にこなす事を目標にしています。また、社員やパートさんの力も借りてより良い現場作りを行っていきたいです。

 

お問い合わせCONTACT

サービス・採用に関する
お問い合わせはこちらから。

  • お電話でのお問い合わせ

    072-729-1367

    平日:9:00~18:00(土日、祝日、年末年始を除く)

  • メールでのお問い合わせ

    お問い合わせフォーム